ROBUSKEY® STUDIO ロバスキースタジオ

ROBUSKEY® STUDIOとは

ROBUSKEY STUDIO(ロバスキースタジオ) は、eラーニング向けの教材コンテンツ作成用に、講義資料を背景にグリーンバック映像をリアルタイムに合成/録画することができる合成録画専用パソコンです。
当社独自の技術により、専用スタジオではなく、教室など身近な場所でリアルタイムクロマキー合成による教材コンテンツ作成を実現することができます。

お知らせ

「eラーニングアワード2015フォーラム」出展報告

10/28(水)~30(金)にソラシティカンファレンスセンターで 開催された、eラーニングに関する国内唯一の総合フォーラム「eラーニングアワード2015フォーラム」に出展しました。
製品のデモンストレーション/体験では、多くのお客様にご好評いただいきました。
また、今回は弊社企画講演枠にて、デジタルハリウッド株式会社の石川大樹氏に登壇いただき「デジタルハリウッドが考える動画教材のカタチ」と題して、動画教材はどうあるべきか?についてご講演いただきました。

写真

「教育ITソリューションEXPO」出展報告

5/20(水)〜5/22(金)に東京ビッグサイトで開催された「教育ITソリューションEXPO」に出展(小間番号:13-27)し、本製品の展示/デモを行いました。
大勢の皆様にお越しいただきました。
教育ITソリューションEXPO

写真

「eラーニングアワード2014フォーラム」に初出展

11/12(水)~14(金)にソラシティカンファレンスセンターで 開催された、eラーニングに関する国内唯一の総合フォーラム「eラーニングアワード2014フォーラム (主催者による開催レポート)」に出展しました。
製品のデモンストレーション/体験では、多くのお客様にご好評いただいきました。

「教育ITソリューションEXPO」に、初出展

5/21(水)〜5/23(金)に東京ビッグサイトで開催された「教育ITソリューションEXPO」に出展(小間番号:17-30)しました。
本製品のプロトタイプを展示/デモを行い、ご好評いただきました。
出展の様子を含め、弊社技術情報紹介サイト「技ラボ 」にて出展レポートを公開しております。

技ラボ(wazalabo.com)

特長

リアルタイム合成機能

映画のメイキングでおなじみのグリーンバックを背景にして、リアルタイムに合成結果を確認しつつ撮影することができます。資料や講義スタイルに合わせた画面レイアウトと、位置やタイミングを確認しながらの撮影で教材コンテンツ作成が身近なものとなります。

撮影と同時に収録

撮影と終了と同時に、合成動画が保存されます。リアルタイムで合成結果を確認しながら撮影でき、後編集にて資料のページ送りタイミングや講師のサイズ/位置調整などが必要ありません。
講師は普段使っているPowerPoint®やPDFなどの講義資料を使って、いつもどおりに講義するだけです。

写真

先行事例/導入事例

製品化に先立ちまして、以下のお客様がすでに教材コンテンツ作成にご利用になっています。

東京大学 様

大規模公開オンライン講座(MOOC)教材制作

2013年より、Courseraのプラットフォームを利用して、大規模公開オンライン講座(MOOC:Massive Open Online Course)を配信する実証実験を開始。これは日本で初めての試みとのことです。配信教材の制作にご採用いただきました。

Courseraの東京大学ページ

イメージ

デジタルハリウッド株式会社 様

デジハリ・オンラインスクール講座教材制作

教育通信の教材制作に、日々ご活用いただいています。
弊社技術情報紹介サイト「技ラボ」の採用事例にてご紹介しております。

デジハリ・オンラインスクール:Web、アプリ、CG、映像の オンラインスクール(通信講座)

仕様

製品の構成

製品本体は、パソコン1台。
グリーンバックが設置できれば、会議室が合成撮影スタジオに早変わりします。

システム構成図

システム標準構成

  • ROBUSKEY STUDIO 搭載パソコン
    (ビデオカメラ映像および講師用パソコン出力の取り込みにHDMI端子×2を利用します)
  • メインディスプレイ(合成結果確認用として)

ハードウェア仕様

CPU Intel Core i7
メモリ 8GB
ディスク 500GB
ビデオカード CUDA対応のNVIDIAグラフィックカード
デバイス
  • Gigabit LAN(オンボード)
  • ビデオキャプチャカード
  • USBキーボード
  • USBマウス
モニタ 23型液晶ディスプレイ(1920×1080解像度)
OS Microsoft Windows 7 Professional(64 bit)
外形寸法 H358×W190×D415mm
ROBUSKEY STUDIO搭載パソコン

ソフトウェア仕様

基本機能
  • グリーンバック対応クロマキー合成機能
  • 画面レイアウト機能
  • 録画機能
  • バーチャルカメラ機能
ビデオ入力 HDMI×2系統
ビデオ解像度 1280×720、1920×1080(キャプチャデバイス仕様に準拠)
動画保存形式 Windows Media Video

使い方

ROBUSKEY STUDIO を使った合成動画収録は、以下の流れとなります。

1
モニタリング開始

各種設定の後、カメラスタートすると、リアルタイムでの合成が始まります。

ROBUSKEY STUDIO 画面イメージ

2
配置の調整

4つのプリセットと直接指定により、人物と背景を自由な配置で合成できます。

ROBUSKEY STUDIO 画面イメージ

3
録画開始

録画スタートすると、モニタリングしている映像が収録されます。
収録中も【配置の調整】ができます。

ROBUSKEY STUDIO 画面イメージ

4
録画終了

録画ストップすると、収録していた合成動画ファイルが出力されます。
必要に応じて、録画を繰り返します。

ROBUSKEY STUDIO 画面イメージ

5
モニタリング終了

カメラストップして、モニタリングを終了します。
 

ROBUSKEY STUDIO 画面イメージ

お問い合わせ

製品・技術に関するお問い合わせ、および製品の購入に関するお問い合わせは、メールにて受け付けております。

03-5489-0234

※ 記載されている会社名、製品名および名称は各社の登録商標または商標です。