ROBUSKEY® v3.2 インストールガイド

for Adobe® Photoshop® ( MacintoshWindows )

2017年2月1日

Windowsをお使いの方へ】   【Macintoshをお使いの方へ

目次


インストールガイドについて

このドキュメントは、ROBUSKEY Version3.2のインストールやアンインストールを行う際にお読みください。


インストールの際の注意事項


ROBUSKEY のインストール手順

インストールは以下の手順で行ってください。

  1. 旧バージョンROBUSKEYのアンインストールまたは旧環境でのROBUSKEYのアクティベーション解除
  2. プラグインのインストール
  3. 製品アクティベーション


旧バージョンROBUSKEYのアンインストールまたは旧環境でのROBUSKEYのアクティベーション解除

ROBUSKEY V3.1など旧バージョンのROBUSKEYがすでにインストールされている場合、事前にアンインストールが必要です。前章「旧バージョンROBUSKEYから移行される方」を参照して下さい。
また、マシンの移行やOSの入れ替えなどで、ROBUSKEYを新たにインストールしなおす場合、まず元の環境にてアクティベーションの解除またはアンインストールが必要です。「マシン移行やOS入れ替えの際の注意事項」を参照して下さい。


プラグインのインストール

プラグインをインストールします。プラグインのインストールは、管理者権限のある状態で行って下さい。


製品アクティベーション

ROBUSKEYのインストール後、30日間試用することができます。この間に製品アクティベーションを行うことで、継続して使用することができるようになります。

バージョン3.1からアップデートされたお客様へ
製品シリアル番号は、弊社サポートデスクよりお知らせしたものをご使用下さい。製品パッケージに記載してあるシリアル番号ではアクティベーションすることができません。


オフラインにてアクティベーションを行う

アクティベーションはオフラインでも行うことができます。

クライアントID/製品シリアル番号を添えて、ROBUSKEYサポートデスクまでアクティベーションキーの発行を申請してください。クライアントIDはライセンスマネージャ(ROBUSKEY License Manager)のクライアントID欄を参照してください。

バージョン3.1からアップデートされたお客様へ
製品シリアル番号は、弊社サポートデスクよりお知らせしたものをご使用下さい。製品パッケージに記載してあるシリアル番号ではアクティベーションすることができません。


アクティベーションを解除したい

ライセンスの移行をする際は、事前にアクティベーション解除が必要です。


ROBUSKEYをアンインストールしたい

すべてのプラグインファイルを削除し、アクティベーション解除します。


ROBUSKEYが実行できない

以上の他、インストールやその他、製品に関するご質問等がございましたら、下記サポートデスクまでお問い合わせください。


ROBUSKEYについて問い合わせたい

ROBUSKEY®についてのお問い合わせは、電子メールにて受け付けております。

また、弊社Webサイトでは、製品に関する最新情報などを提供しております。是非、ご確認ください。

ROBUSKEYサポートデスク
e-mail: ROBUSKEYサポートデスク
tel: 03-3464-7030
受付時間: 10:00~17:00
ただし、土曜日、日曜日、祝日、当社指定休業日は除く。
ROBUSKEY® Webサイト
http://www.isp.co.jp/products/robuskey/

ユーザ登録をする (現在休止中)

製品ご購入のお客さまは、ユーザ登録により、サポート、新製品・バージョンアップの優遇などの特典を提供させていただきます。ユーザサポートページよりお願いします。

ROBUSKEY® ユーザサポートページ
http://www.isp.co.jp/products/robuskey/support.html

※ 登録および、登録変更は、現在休止しております。製品サポートにつきましては、ユーザー登録にかかわらず、対応させていただきます。


Copyright © 2009 - 2017 Research Institute of Systems Planning,Inc. All rights reserved.


※Adobe, Adobe Photoshopは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における登録商標です。

※Apple、Macintoshは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の登録商標です。

※その他、記載されている会社名、製品名および名称は各社の登録商標または商標です。

※ROBUSKEYライセンスマネージャには「CLX C++ Libraries」が使われています。以下にそのライセンス条項を記します。

Copyright(C) 2004 - 2009, clown. All rights reserved.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without 
modification, are permitted provided that the following conditions 
are met:

 1. Redistributions of source code must retain the above copyright 
    notice, this list of conditions and the following disclaimer.
 2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright 
    notice, this list of conditions and the following disclaimer in the 
    documentation and/or other materials provided with the distribution.

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE AUTHOR ``AS IS'' AND ANY EXPRESS OR 
IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES 
OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. 
IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, 
INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, 
BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF 
USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON 
ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT 
(INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF 
THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

*** 以下は日本語訳(参考) ***

Copyright(C) 2004 - 2009, clown. All rights reserved.

ソースコード形式でもバイナリ形式でも、変更の有無に関わらず、以下の条件を
満たす場合に、再配布および使用を許可します。

 1. ソースコード形式で再配布する場合、上記著作権表示、本条件および下記
    責任限定規定を必ず含めてください。
 2. バイナリ形式で再配布する場合、上記著作権表示、本条件および下記責任
    限定規定を、配布物と共に提供される文書および/または他の資料に必ず
    含めてください。

本ソフトウェアは、著作権者によって「現状のまま」提供されるものとし、 
明示黙示を問わず、商品として通常期待される品質を備えているという保証や、
特定の目的に適合するとの保証を含め、何の保証もなされません。
事由や損害発生の原因の如何を問わず、且つ責任の根拠が契約、厳格責任、
不法行為(過失などを含む)であるかを問わず、仮にそのような損害が発生する
可能性を知らされていたとしても、本ソフトウェアの使用から発生した直接損害、
間接損害、偶発的な損害、特別損害、懲罰的損害または結果損害のいずれに
対しても(代替品またはサービスの調達、使用機会やデータ、利益の損失の
補償、または業務の中断に対する補償を含め)、著作権者は責任をいっさい負い
ません。